Home研究会の歴史

研究会の歴史

 
回数 研究会長 所属 開催地 開催年月日 演題数 備考
1 清水興一 国立小児病院 東京 1981/8/29 4 小児病理談話会としての発足
特別演題「小児病院における病理の現状」
主題:小児の肺疾患の病理
2 伊東 宏 兵庫県立こども病院 神戸 1982/8/28 8
主題:小児腎炎について
3 佐々木佳郎 神奈川県こども医療センター 横浜 1983/7/30 15 特別講演1
特別演題「malignant histiocytosisについて」:渡辺 昌
主題:Reticulosis (Histiocytosis)
4 清水興一 国立小児病院 東京 1984/8/4 25  
主題:眼の病理
5 小林庸次 大阪市立小児保健センター 大阪 1985/8/3 26 特別講演1
特別演題「蓄積性脳変性疾患の病理と形態学的補助診断法」:山野恒一
主題:小児の代謝疾患
6 秦 順一 国立小児病院小児医療研究センター 東京 1986/8/2 28 特別講演1
特別演題「小児の心血管疾患の臨床」:松尾準雄
主題:小児の心血管疾患
7 古田睦広 国立京都病院 京都 1987/8/8 27 特別講演1
日本小児病理研究会に改称
特別演題「小児の感染症の病理」:伊東 宏
主題:小児の感染症
8 初鹿野浩 東京都立清瀬小児病院 東京 1988/8/6 21 特別講演2
特別演題「小児の腎移植」
臨床的立場から:長谷川昭
病理的立場から:初鹿野浩
主題:小児の腎疾患
9 水谷 昭 愛知県心身障害者コロニー 名古屋 1989/8/5 24 特別講演1
特別演題「小児神経疾患のGolgi Study」:高嶋幸男
主題:小児の神経疾患
10 神田実喜男 昭和大学第二病理 東京 1990/8/4 29 特別講演1
特別演題「骨髄の異形成症候群(MDS)の診断と治療の現況」:田口信行
主題:小児の造血器の病理
11 浜崎 豊 静岡県立こども病院 静岡 1991/7/20 24 特別講演1
特別演題「Hirschsprung病類縁疾患の臨床と病理」:豊坂昭弘
主題:小児の消化器疾患
12 三杉和章 横浜市立大学第二病理 横浜 1992/8/1 33  
主題:小児病理領域における新しい検索法」 腎の嚢胞性疾患
13 清水興一 国立小児病院 東京 1993/7/24 27 特別講演2
特別演題「小児の大葉性気腫・嚢胞像を示す肺疾患」
臨床から:雉本忠一、病理から:清水興一 主題:小児の気管・気管支・肺の形成異常
14 今村正克 北海道立小児保健センター 札幌 1994/8/6 25 特別講演1
特別演題「肝疾患の分子構造」:森 道夫
主題:小児の肝・胆・膵の疾患
15 堀江 弘 千葉県こども病院 千葉 1995/8/5 24 特別講演2
特別演題「最近のリンパ腫研究のトピックス」:三方敦男
「小児リンパ腫の病理と病態」:藤本純一郎 主題:小児リンパ節疾患
16 橋本公夫 西神戸医療センター 神戸 1996/8/3 23 特別講演2
特別講演「阪神大震災における小児専門医療施設の役割」:小川恭一
「臨床から見た周産期病理への提言」:西島栄治 主題:周産期の病理
17 小川惠弘 埼玉県立小児医療センター 大宮 1997/8/2 21 特別講演2
特別講演「小児神経疾患の画像と病理」:柳下 章、小川惠弘
「脳形成異常による難治性てんかんの外科病理」:荒井信隆 主題:小児神経疾患の病理
18 中村康寛 聖マリア病院 福岡 1998/8/1 18 特別講演2
特別講演「呼吸窮迫症候群(RDS)と肺サーファクタント・アポ蛋白(SP)」:居石克夫
「先天性心大血管奇形の発生病理」:宮原晋一 主題:小児の研究病理
fake omega omega replica watch omega replicas omega replika omega fake watches omega watches replica replica omega watch quality replica watches
19 中山雅弘 大阪府立母子保健医療センター 大阪 1999/8/7 18 特別講演1
特別講演「EBウィルス感染症の多様性とその診断・治療」:河 敬世
主題:小児ウィルス性疾患
20 森川征彦 東京都立清瀬小児病院 東京 2000/9/2 20周年記念
特別講演「日本小児病理研究会の歩み」
小児病理研究会・想い出と期待:清水興一
IPPAの組織と活動:三杉和章

Copyright (C) 無料テンプレート005 All Rights Reserved.